薬剤師の定年後に復職するには

薬剤師というのは、今や薬学部に6年間通わなければ、国家資格を受ける資格を持てないようにすらなりました。
それほど、貴重かつ稀少な存在になりつつあります。

他の大学生が、必死で就職試験をする中でも、薬学部の学生は薬局の就職試験の一環と言いながら食事会に招待されたりと、まるで接待のような待遇を受けることすらあります。
そんな薬剤師は、定年後の仕事に復職するのに非常に有利になっています。


薬剤師は薬局において、一類の薬品、を売るためには不可欠な人材です。
近年では、インターネットでの一類の販売が解禁されてはいますが、やはりきちんと薬剤師の説明を聞かなければ不安だという人も少なくなりません。
それゆえ、薬局としては、定年後の、時間に融通の効く薬剤師を採用したいという意向があるようです。


薬局もコンンビニエンスストアやスーパーなどに対抗し、店舗の開店時間が夜遅くなる傾向があります。
仕事終わりのOLやサラリーマンはもちろん、夜間子どもの発熱のため薬局を訪れる母などには、夜間でも薬剤師の資格をもった店員がいる薬局に相談したいという需要がたくさんあります。

もうフルタイムで働くには気力も体力もないけれど、日中なり夜間に数時間、資格を活かして働きたいという人は、そうした背景のある薬局でのアルバイトが実に理にかなっているのです。

夜間であれば深夜手当もついて時給もさらに上がりますし、何より募集も多いので、もう一度資格を活かして働きたいと思うのであれば、近所の薬局をたずねてみるといいかもしれません。

看護師のブランクありからの復帰


薬剤師の復職

| コメント(0) | トラックバック(0)
薬剤師という職業ほど復職しやすい職種はありません。

教育制度の改正によって薬学部は4年制から6年制へとなりましたが、薬学部を出て国家資格を取得すれば、一生その資格を活かして仕事をしていくことができます。

特に女性に人気の高い仕事であるのは、結婚や出産で退職をしても、子育てが一段落した頃に復職し、ブランクが空いても資格があるので、正社員として働きやすいというメリットがあります。

現在、薬剤師は引く手あまたの売り手市場であります。
特に、教育制度が改正されたために、数年間は薬剤師の資格を持つ人材が新しく生まれない状況ができるので、その期間が狙い目とされています。

また、ドラッグストアにおいても、正社員の薬剤師を必ず一人は置かなければならないといった法改正がなされたために、就職先が多いことでよく知られているのです。
また、雇用形態が多様化しているので、自分自身のライフスタイルに合わせたあたらき方が出来る職種です。

子育てに手がかからなくなり、短時間だけで働きたいという方には、パートタイムがお勧めです。普通のパートタイムとは異なり、資格があるので時給などで優遇されています。

資格を活かした働き方をすることが出来るのがこの職種です。また、一生資格を活かしたキャリアアップができるので、様々な働き方ができます。復職が用意である背景には、やはり資格を持っているという強みがあります。学部生に女性の割合が高いのも頷けます。

http://kg-st.com/


薬剤師の勤務形態:契約社員編

世の中には非常に多くの職業があり、それらの職業には独特の特徴があるものになります。それらの特徴や私たちの適性等も総合的に考えて、自分に適した職業に就くことが望ましいのです。

世間では羨ましがられる職業や、人気がある職業があります。

特に、薬剤師という職業があるのですが、これは多くの方にとってとても人気のある職業です。特に女性に対して人気があるのです。

その理由は、非常に働きやすい仕事内容や仕事場の環境にあると考えられるからなのです。
しかし薬学部を卒業していないと資格を取ることができず、難しい内容にはなるのですが、その分給料におきましては好条件となります。ですから毎年の様に薬剤師を選ぶ方が多くいらっしゃるのです。


その薬剤師も、現代社会におきましては働き方は一律であるとは限りません。色々な勤務形態があり、私たちはその中から自分の生活に沿った形の勤務を選ぶこととなっています。

特に最近では、契約社員の形を取る薬局が多く出てくるようになりました。

薬局の経営者側からしますと、やはり人件費の削減ということが目的となることから、このような形を取らざるを得ないこととなるのです。しかし働く側からしますと、正社員の方を希望したいのに、というような意見もあったりし、お互いの意見が食い違うようなこともあるのです。調剤薬局薬剤師への復帰については、こちら。

ですから薬剤師の方は、生活自体を少し変えて見ますとこのような雇用形態でも働くことは十分に可能となるのです。契約社員の方が賃金がアップするケースもあることから、全くお薦めできないというわけではないのです。

薬剤師の勤務形態:パート編

薬剤師の勤務形態としては、フルタイムでの病院勤務や調剤薬局での勤務が代表的なものとしてあげられます。

総合病院で病棟で勤務している場合には、夜勤も含めて交代制で、患者さんの薬剤管理を担当する場合もあります。
薬学部を卒業して資格を得た後に、若いうちはフルタイムでキャリアを積んで、その後、ライフスタイルに合わせて転職する人も多くみられます。

薬剤師としての勤務の最大の魅力は、勤務地が豊富なため自宅の近くで働くことができ、さらにパート勤務など融通が利くということではないでしょうか。

女性の場合、出産や育児でいったん退職してしまった場合でも、薬剤師の復帰にあたって研修などの機会を設けてもらえる調剤薬局も多いものです。また、薬剤師専門の派遣会社に登録すると、復帰までの相談に乗ってもらうことができますし、会社によっては薬剤師さんから直接話を聞ける場が設けられていることもあります。

さらに、研修に力を入れている派遣会社もあり、定期的な勉強会や研修会、カンファレンスの機会が設けられているものもあります。

退職した後の再就職については、さまざまなサポート体制も充実した職種といえますから、長く柔軟な形で働き続けることが可能と考えられます。

患者さんに投与する薬を扱うという点で責任は重大ですから、知識面で継続的な研鑽が必要となりますが、転勤などで転居してもパート先が比較的容易に見つかるという点で薬剤師の資格のメリットは大きいといえるでしょう。


薬剤師が辞めたいと思うその時の理由

薬剤師というのは、薬学部という高いハードルの大学の学部に入学し、その後も勉学に励み、周りが卒業旅行などに行き始める頃にも国家試験対策に励むという、大変ストイックな生活の末になれる職業です。

しかしながら、そんな努力の上実現した薬剤師という職業を辞めたいと思う理由が大きくわけて2つあるのです。
まず、1つ目はその仕事内容です。

そもそも薬剤師というのは、医師の処方箋に基づいて患者に薬の飲み方や副作用などの重要事項の説明をするのがメインの仕事です。しかしながら、そこにルーティン的な飽きを感じてしまうのです。

毎日毎日、処方箋に書かれた内容をもとに薬を用意して、説明するといった変わらない仕事内容に辟易としてしまうのです。

実際は、薬剤師の説明のおかげで患者は正確に薬を服用することができるため、非常に重要な仕事なのですが、薬剤師としては当たり前のルーティンの中で、ミスは決して許されず、しかしながら変化のない仕事内容に嫌気がさしてしまうのです。

これは、薬剤師の仕事をするうえで、避けて通れないものですが、薬局内をよりよくするための工夫を提案するなど、自分自身でもアクションを起こして、仕事の楽しさを常に探すという姿勢が大切になると思います。


2つ目は、待遇や職場の人間関係にあります。

病院の受付時間が延びたり、土日でも病院を開けるといったような病院の競争が激しくなり、それに伴い薬局も開店時間が多様化しています。公務員のような働き方を希望する人にとっては、適応しがたい状態のようです。
また、非常に閉鎖的な空間ですので、職場内での人間関係に悩む人も多いのです。


薬剤師が持つ不安や悩み

薬剤師は薬の専門家として主に病院や薬局で仕事をしているのはご存知だと思います。

薬剤師は、職能上薬の説明を患者さんにしますが、ひとつの薬がいくつもの薬理作用を持ち合わせていて、色々な病気に使われているため、患者さんがどのような目的で受診したかを伺わなくては薬の使用目的にあった服薬指導をすることはできません。

そこでお薬をお渡しするときに受診理由や医師からあった話などをお聞きするのですが、、患者さんによっては「薬剤師は医者が出した薬を渡せばいいから、言う必要が無い。」とか「医者に全てを話したからまた言うのは面倒だ。医者に聞け!」という方がいます。

確かに同じ話を2回もするのは嫌な気持ちもわかりますが、特に院外の薬局薬剤師はカルテを見ることができないので、医師の処方目的を知るためには、処方された薬と患者さんからのお話が大切なのです。そのところをわかって頂けない方に出会ったときには非常に悩みます。

確かに処方通りに出せば問題ないのだろうが、もしかすると医師は別の意図があるのではないか、もしかするとほかの医療機関にかかり別の薬と一緒に飲むことを医師に伝えていないのではないかなど不安が沸き起こってきます。

患者さんとの会話から似た名前の違う薬が処方されていたとか、必要な薬が入っていなかったなどがわかり、処方が変更になることも少なくありません。単に薬といっても間違った使い方をすれば健康を回復するのではなく、悪化させ、命に関わる事態になりかねません。

薬剤師は医師と同じように常に緊張感を持って仕事をしています。全ては患者さんの健康のためですから、時間がかかる、面倒くさいなどといわずに少し協力して頂きたいと願っています。


薬剤師に復帰するための条件や覚悟、注意点

薬剤師は女性に働きやすい職場も多く、安定した仕事として人気の国家資格です。
女性が多いこともあり、女性への理解や産休・育児休暇などの制度や環境が整っていると言えます。

とは言え、ブランクを経ての復帰には薬剤師ならではの注意点や事前に覚悟しておかなければならない条件があります。

薬剤師として復帰するには元の職場に戻る方法と、心機一転、新しい職場に転職する方法がります。
同じ職場で働くという場合、は全く新しい職場より早く対応できるメリットがありますが、転職が多い職業でもあるため、メンバーや雰囲気が変わってしまっている場合があります。

特に大手チェーンの調剤薬局やドラッグストアなどはその傾向が強く、転職と同様の努力が必要になると言えます。
また、病院や薬剤企業も同様に、短い間でも大きく組織やルールが違ったり、新たな医療技術や医薬品が使われている、チーム医療制になっていた、など復職時のハードルが高いこともあります。

同じ職場でも、もやは転職と考えて臨む方が、こんなつもりではなかった、と後悔せずに済むでしょう。


転職を考えるのであれば、働き場所となる薬局の形態、雇用形態などをしっかりと確認し、例えば育児や介護などの自身が抱えている状況を事前に説明しておくことが大切です。

また、ブランク中のIT技術の進化や新薬の情報なども自主的に学ぶ努力も必要でしょう。


同様の悩みを抱える薬剤師が多いため、最近では、復職支援スクールというものがあり、主に調剤薬局での復職支援に役立っています。
ここでは、処方箋の見方や業務の進め方などを中心に、初級と中級コースで難易度が定められており、段階的に復帰をサポートしてくれます。

転職支援サイトならキャリアコンサルタントのアドバイスや適応した職場の紹介が効率的にうけられますので、これら外部の支援を活用するのも有効です。


薬剤師の勤務形態:正社員編

薬剤師は、薬を売るのが仕事です。
薬剤師として働くには、国家資格が必要です。
国家資格を取得するのは、医者並に難しいです。

一番よく見かけるのは、調剤薬局や病院の中にある院内薬局で、医師が出した処方箋に従って調剤した薬を販売する仕事です。

漢方薬局では、薬剤師自身が患者の訴えに応じた漢方薬を調剤して販売します。
ドラッグストアでは、薬剤師の見立てがないと買えない一般用医薬品もあります。
病院やドラッグでは、欠かせない存在となっています。

その他、製薬企業での医薬品等の研究開発、製造、流通、販売などの仕事もあります。
行政機関では許認可、監視指導、試験検査等の仕事もあります。

薬剤師の求人は全国に数えきれない程たくさんあります。
勤務形態は、正社員、契約社員、アルバイト・パート、派遣社員などいろいろあります。
中でもオススメなのが、正社員です。

なぜなら様々なメリットがあるからです。
1つ目のメリットは、ボーナスが出ることです。
2つ目のメリットは、独立する場合住宅手当を出してくれる会社もあるということです。
3つ目のメリットは、就職が決まりやすいということです。

アルバイトやパートで働いていても経験を積んでいけば会社の社員になれる場合もあるので、アルバイトからでも働いてみてもいいでしょう。

将来的にも安定している薬剤師は、オススメの仕事です。
ライフスタイルに合わせて勤務の状況を変えられるので、家庭との両立もできます。


薬剤師のパートとして復職するには

薬剤師を何らかの事情で休職あるいは退職して、その職務から離れていた人が復職する際に、パートとして働くと言う選択肢もあります。

今、薬剤師は全国各地で不足していると言われています。
大学の薬学部がかつては4年制でよかったものが現在6年制に変わり、制度の変更があった2年間は新規の薬剤師がほとんどいなかったわけですから、その事情の後遺症として各地で薬剤師が不足しているという面があります。

また、医薬分業が進み、医療機関に併設する形での薬局も増加しました。
いわゆる門前薬局ですが、こうした薬局やドラッグストア内で処方箋を受け付ける薬剤師がいるドラッグストアも各地で急増しています。
こうした事情により、薬剤師は全国的に不足していると言われています。


そのため、資格を持つ人が多少のブランクがあったとしても、パートでの勤務でもよいから来て欲しいと考える薬局などは多くあると考えれますから、ハローワークなどで探してみるもよし、インターネットで探してみるのもよし、いろいろ当たってみるのがよいでしょう。


医療の世界は日進月歩で進化すると言われています。
そのため、現場に復帰してもついて行けるかどうか、知識が足りないなどの危険はないかなど、長いブランクであればあるほど様々な不安があるのが普通です。


そのため、こうした問題や不安を就労先に正直に打ち明けてみるのが良いでしょう。先輩たちからのフォローであるとか、そうしたバックアップ体制があるところも多くあるようです。

薬剤師の契約社員として復職するには

結婚や出産によって現役を退く薬剤師もたくさんいますが、育児から手が離れる頃には復職を考えることも多くなります。

薬剤師になるには薬学に関する大学に入学し国家資格を取得する必要がありますが、難易度の高い資格ですから貴重な存在だと言えます。
資格を活かし薬剤師として仕事に復帰するには、家庭環境を重視しながら検討する必要がありますので、正社員としてではなく、アルバイトや契約社員としての道もあります。

時間的な自由度が高い勤務形態を選んだほうが、家庭と仕事との両立が図れますので、復職には最適な環境があると言えます。

仕事を離れている期間に制度や法律が変わっていることも当然ありますし、仕事に慣れるまでの期間がかかりますので、正社員以外の身分で就職することも良い方法なのです。

薬剤師として復職を目指す場合には、希望する勤務形態に応じたj求人を探す必要があります。一般的な求人情報にも多く掲載されていますが、専門の求人情報サイトを活用するのが効果的です。

求人情報サイトでは希望する勤務形態に応じて検索することが可能ですし、様々な勤務形態の求人情報が掲載されていますので、就職をスムーズに進めることが可能です。

求人情報サイトには薬剤師の求人だけを取り扱う専門の情報サイトもありますので、仕事内容や希望条件にあてはまる求人を探しやすくなるのです。
特にアルバイトや契約社員の求人情報は簡単には見つからない場合もありますので、専門の情報サイトで探すことがポイントになってくるのです。