薬剤師に復帰するための条件や覚悟、注意点

薬剤師は女性に働きやすい職場も多く、安定した仕事として人気の国家資格です。
女性が多いこともあり、女性への理解や産休・育児休暇などの制度や環境が整っていると言えます。

とは言え、ブランクを経ての復帰には薬剤師ならではの注意点や事前に覚悟しておかなければならない条件があります。

薬剤師として復帰するには元の職場に戻る方法と、心機一転、新しい職場に転職する方法がります。
同じ職場で働くという場合、は全く新しい職場より早く対応できるメリットがありますが、転職が多い職業でもあるため、メンバーや雰囲気が変わってしまっている場合があります。

特に大手チェーンの調剤薬局やドラッグストアなどはその傾向が強く、転職と同様の努力が必要になると言えます。
また、病院や薬剤企業も同様に、短い間でも大きく組織やルールが違ったり、新たな医療技術や医薬品が使われている、チーム医療制になっていた、など復職時のハードルが高いこともあります。

同じ職場でも、もやは転職と考えて臨む方が、こんなつもりではなかった、と後悔せずに済むでしょう。


転職を考えるのであれば、働き場所となる薬局の形態、雇用形態などをしっかりと確認し、例えば育児や介護などの自身が抱えている状況を事前に説明しておくことが大切です。

また、ブランク中のIT技術の進化や新薬の情報なども自主的に学ぶ努力も必要でしょう。


同様の悩みを抱える薬剤師が多いため、最近では、復職支援スクールというものがあり、主に調剤薬局での復職支援に役立っています。
ここでは、処方箋の見方や業務の進め方などを中心に、初級と中級コースで難易度が定められており、段階的に復帰をサポートしてくれます。

転職支援サイトならキャリアコンサルタントのアドバイスや適応した職場の紹介が効率的にうけられますので、これら外部の支援を活用するのも有効です。


このブログ記事について

このページは、薬剤師の転職事情が2014年3月18日 11:06に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「薬剤師の勤務形態:正社員編」です。

次のブログ記事は「薬剤師が持つ不安や悩み」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.14-ja