薬剤師が持つ不安や悩み

薬剤師は薬の専門家として主に病院や薬局で仕事をしているのはご存知だと思います。

薬剤師は、職能上薬の説明を患者さんにしますが、ひとつの薬がいくつもの薬理作用を持ち合わせていて、色々な病気に使われているため、患者さんがどのような目的で受診したかを伺わなくては薬の使用目的にあった服薬指導をすることはできません。

そこでお薬をお渡しするときに受診理由や医師からあった話などをお聞きするのですが、、患者さんによっては「薬剤師は医者が出した薬を渡せばいいから、言う必要が無い。」とか「医者に全てを話したからまた言うのは面倒だ。医者に聞け!」という方がいます。

確かに同じ話を2回もするのは嫌な気持ちもわかりますが、特に院外の薬局薬剤師はカルテを見ることができないので、医師の処方目的を知るためには、処方された薬と患者さんからのお話が大切なのです。そのところをわかって頂けない方に出会ったときには非常に悩みます。

確かに処方通りに出せば問題ないのだろうが、もしかすると医師は別の意図があるのではないか、もしかするとほかの医療機関にかかり別の薬と一緒に飲むことを医師に伝えていないのではないかなど不安が沸き起こってきます。

患者さんとの会話から似た名前の違う薬が処方されていたとか、必要な薬が入っていなかったなどがわかり、処方が変更になることも少なくありません。単に薬といっても間違った使い方をすれば健康を回復するのではなく、悪化させ、命に関わる事態になりかねません。

薬剤師は医師と同じように常に緊張感を持って仕事をしています。全ては患者さんの健康のためですから、時間がかかる、面倒くさいなどといわずに少し協力して頂きたいと願っています。


このブログ記事について

このページは、薬剤師の転職事情が2014年3月18日 14:33に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「薬剤師に復帰するための条件や覚悟、注意点」です。

次のブログ記事は「薬剤師が辞めたいと思うその時の理由」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.14-ja