薬剤師の復職

| コメント(0) | トラックバック(0)
薬剤師という職業ほど復職しやすい職種はありません。

教育制度の改正によって薬学部は4年制から6年制へとなりましたが、薬学部を出て国家資格を取得すれば、一生その資格を活かして仕事をしていくことができます。

特に女性に人気の高い仕事であるのは、結婚や出産で退職をしても、子育てが一段落した頃に復職し、ブランクが空いても資格があるので、正社員として働きやすいというメリットがあります。

現在、薬剤師は引く手あまたの売り手市場であります。
特に、教育制度が改正されたために、数年間は薬剤師の資格を持つ人材が新しく生まれない状況ができるので、その期間が狙い目とされています。

また、ドラッグストアにおいても、正社員の薬剤師を必ず一人は置かなければならないといった法改正がなされたために、就職先が多いことでよく知られているのです。
また、雇用形態が多様化しているので、自分自身のライフスタイルに合わせたあたらき方が出来る職種です。

子育てに手がかからなくなり、短時間だけで働きたいという方には、パートタイムがお勧めです。普通のパートタイムとは異なり、資格があるので時給などで優遇されています。

資格を活かした働き方をすることが出来るのがこの職種です。また、一生資格を活かしたキャリアアップができるので、様々な働き方ができます。復職が用意である背景には、やはり資格を持っているという強みがあります。学部生に女性の割合が高いのも頷けます。



トラックバック(0)

トラックバックURL: http://mollys-revenge.com/mt/mt-tb.cgi/3

コメントする

このブログ記事について

このページは、薬剤師の転職事情が2014年3月18日 19:41に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「薬剤師の勤務形態:契約社員編」です。

次のブログ記事は「薬剤師の定年後に復職するには」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.14-ja