薬剤師の勤務形態:正社員編

薬剤師は、薬を売るのが仕事です。
薬剤師として働くには、国家資格が必要です。
国家資格を取得するのは、医者並に難しいです。

一番よく見かけるのは、調剤薬局や病院の中にある院内薬局で、医師が出した処方箋に従って調剤した薬を販売する仕事です。

漢方薬局では、薬剤師自身が患者の訴えに応じた漢方薬を調剤して販売します。
ドラッグストアでは、薬剤師の見立てがないと買えない一般用医薬品もあります。
病院やドラッグでは、欠かせない存在となっています。

その他、製薬企業での医薬品等の研究開発、製造、流通、販売などの仕事もあります。
行政機関では許認可、監視指導、試験検査等の仕事もあります。

薬剤師の求人は全国に数えきれない程たくさんあります。
勤務形態は、正社員、契約社員、アルバイト・パート、派遣社員などいろいろあります。
中でもオススメなのが、正社員です。

なぜなら様々なメリットがあるからです。
1つ目のメリットは、ボーナスが出ることです。
2つ目のメリットは、独立する場合住宅手当を出してくれる会社もあるということです。
3つ目のメリットは、就職が決まりやすいということです。

アルバイトやパートで働いていても経験を積んでいけば会社の社員になれる場合もあるので、アルバイトからでも働いてみてもいいでしょう。

将来的にも安定している薬剤師は、オススメの仕事です。
ライフスタイルに合わせて勤務の状況を変えられるので、家庭との両立もできます。


このブログ記事について

このページは、薬剤師の転職事情が2014年3月18日 11:04に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「薬剤師のパートとして復職するには」です。

次のブログ記事は「薬剤師に復帰するための条件や覚悟、注意点」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.14-ja